狭き門といわれる気象予報士資格試験で毎年多くの合格者を輩出!高い実績と信頼を誇る評判のスクール・通信講座案内!初学者の方も多く合格しています!

気象予報士資格試験合格法


気象予報士資格試験合格法

◆*無料体験も有り*◆
資格講座・教室・スクール
Gooスクール
↓↓↓↓↓
体験レッスン


◆*高い合格率*◆
国家資格ほか600講座掲載
ケイコとマナブ.net
↓↓↓↓↓
習い事・スクール


◆*医療事務他*◆
医療・介護系資格なら
シカトル
↓↓↓↓↓
ホームヘルパー講座




▽気象予報士になるには?
 気象予報士になるには、国家試験を受けなければなりません。試験は通例として年2回、受験資格に制限はなく、誰でも受験できます。試験は学科試験と実技試験があり、両方に合格することで資格が付与されます。学科試験では、予報業務に関する一般知識(大気の構造、大気の熱力学、降水過程、大気における放射、大気の力学 、気象現象、気候の変動、気象業務法その他の気象業務に関する法規)と、予報業務に関する専門知識(観測の成果の利用、数値予報、短期予報・中期予報、長期予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気象の予想の応用)について出題されます。実技試験では、「気象概況及びその変動の把握」「局地的な気象の予想 」「台風等緊急時における対応」が問われます。





Copyright(C)
気象予報士資格試験合格法

気象予報士資格試験合格法
[PR]衛生管理者 資格/ユーキャンで資格を取る/税理士資格取得/